インフォメーション

2021.11

Period Poverty.生理の貧困をなくそう

三鷹青年会議所では昨今、メディアでも取り上げられるようになってきた「生理の貧困」をテーマとした運動を展開しています。
「生理の貧困」とは経済的な理由から生理用品にアクセスしづらい方々がいるという社会問題です。
まずは、男性女性関係なく、このような問題があるという事実を知ってもらいたい。
また、トイレットペーパーと同じように、どこのトイレにも生理用品が常備されていて、いつでも使えるという環境を社会全体で作っていきたい。そんな思いから、三鷹市内の店舗や企業様にお願いし、生理用品を常備することにご協力頂ける店舗様、企業様に、下記のマークのシールを貼って頂いています。
今後、さらにご協力店舗、企業様や公共の施設を増やしていく予定です。


現在、ご協力頂いている店舗、企業様のマップはこちら。
Period Poverty.

ご協力頂ける、店舗、企業様を募集しております。
お問合せはmitakajc-info@gmail.comまで。

月刊アーカイブ

トップへ戻る